健康的コンサート、エレカシ松山公演を振り返る

エレカシ松山公演の感想を忘れないうちに。

豪雨からまさかの暑すぎる気候。会場の立地が松山城の下の方で、空の青と、公園の緑とすばらしく美しい、最高。


私の隣の方がお一人だけどノリノリの方だったので、私もノリノリでガンガン行けて嬉しい。この方がしてた宮本語録タオルを見て、ライブ後に私も買ってしまいました。首に巻くと元気がでるでる。エレカシのコンサートは、しみじみ聴く人もいれば、拳を上げて行くぜ!な人もいろいろいてバラバラだけども会場としてはまとまってるのが毎度不思議でいい空間。

二階席もバツグンに最高。なぜなら宮本さんは本当に一人一人に歌っているから。上からだとトミがしっかり見えて、かっこいいなーとしみじみしてしまう。さすがモテ男。成さんと石くんはこの暑さだったけど、全く感じさせない「渋爽やかっこいい」が漂っていた。



●歌のときのこと

生命賛歌か何かの時に、横からのライトでサイドの壁に宮本さんの影がたまに映るのだけど、影までも鬼気迫る感じでかっこよかった。影が人格を持ってるみたいで何だか悪魔みたいだった。



●MCのときのこと

「何度話しても好きなんだけど」と言う前置きの元、今宵の月のようにの話をする宮本さん。主題歌に決まったからって別に興味ねえよー、って散歩行くけど結局ドラマが始まる前にきちんと帰ってテレビをつけて見ちゃうってオチ。話の内容も話してるときの一生懸命さも、ものすごくチャーミングだし、この話が何度話しても好きってとこもチャーミング。

宮本さんは音楽プロデューサー役をやったり、お母さんの役をやったりと、全員同じ話し方だけど、落語みたいで面白い。爆笑問題の太田さんの「落語やったら絶対面白い」発言を思い出す。


みんなのうたの話のとき、「10歳かぁ、…すごく小さい。」としみじみ呟いたのが個人的にはツボだった。宮本さんの頭の中には10歳の自分が思い浮かんでたのだろうか。若いじゃなくて、小さいって言葉だったとこが可愛い。


宮本さんはMCの中で「悩んでるときに、街にピュッと出たら、人がたくさんいるから悩みが軽くなるときがある。もちろんそうじゃないときもあるけど」とか、「出会いっていいですね。けど友達が1人もいなくてもいい」とか、「〇〇だけど、〇〇じゃなくてもいい、〇〇じゃないときもあるけどね」みたいに話すのをよく見る。私は宮本さんの、そういう、いろんな人や状況をみんな肯定しようとして話すとこが優しいなーといつも感じる。10人中9人に響く名言でも、響いてない1人は疎外してるって作家の誰かが言ってたけど、その1人のことまで大丈夫だぜって言おうとしてるのが宮本さんの話の端々から感じれて、いつも優しい気持ちになる。


●その他もろもろ

アンコールは「友達がいるのさ」で、この歌を生で聴けたことが嬉しすぎて嬉しすぎて、松山中の電気を消してくれてもう本当に嬉しかった。コンサートの次の日、余韻から会場にまた来てしまい、隣の公園で「友達がいるのさ」をイヤホンで聴いてしみじみしてしまった。


この日の松山の会場のお客さんは本当に温かい感じがした。熱いというより、温かい。まさにご当地Tシャツのみかん色のようなポッと温かい空気が二階席から見ていて感じた。

宮本さんが何度か口にしていた「明るくて、健康的で、夢のあるコンサートになったと思います」という言葉は、まさにこの日のコンサートにぴったりすぎて、やっぱり宮本さんの言葉の選び方とまっすぐさに心を打たれた。特に健康的というのが何ともいえず、しっくりくる。コンサートに健康的って表現、なんて素敵。昔、西加奈子さんがあさイチで、「旦那さんはどんな人ですか?」と聞かれて、「健やかな人です」と答えていたのがすごく心に残っている。健やかっていい言葉だ。心も身体も健康、健やか。

この日のコンサートも、ステージのエレカシのまっすぐな歌に、会場のお客さんもまっすぐに受け取って一人一人が自分なりに反応していて、とてもいいコンサートになった気がする。それができることはとても明るくて心がパッと開いてることだと思う。まさに健康的。今も思い出すと胸が暖かくなる、夢のあるコンサートでした。


松山は直前までチケットあったけど、蓋を開けてみればソールドアウト、立ち見のお客さんもいて嬉しかった。出待ちの時に松山の方と少しお話ししたら「県民性?松山の人ちょっと遅いんだと思います〜」とのことで、それはそれでいいところでもあるなー、かわいいなーと思う。

ハンコを集印帳に押すとき、お隣の人の集印帳にご当地ハンコがめちゃくちゃ押してあったので、「すごいですね!」と思わず話しかけたら「恥ずかしいです」ともじもじされてた。


しばーらくライブはないけれど、新曲もSONGSもあるから何とか頑張れるだろうか。いや自信なし、8月のフェスとか行きたいもんだな。でも明日もがんばろう、エレカシがそう歌うので。





6月後半のいろいろの感想。

中学生の女の子と話したら、ジンジャエールを知らなくてびっくり。ジンジャエール知らないって可愛い。でも確かに子どもの頃、ジンジャエールってよく分かんないから避けてた気がする。今だにジンジャエールはしょうがの味がしないと思う。

架空OL日記をラスト二話から見始めたけど、とにかく好きなやつだった。早く見とけばよかった。あの5人いい。


岡村さんのオールナイトニッポン歌謡祭にあのあのXjapan のtoshI が出る。やばい、やばすぎる。岡村さんと絡むときのtoshI の感じは大人で空気見ながらボケたりしてすごい好き。 

一昨日の雨の日は夜寝れなかったので、岡村さんのオールナイトニッポンを二回聞いてしまった。しかし雨の音がひどくて全然覚えていない。


ラジオといえば有吉の珍奇男を聞いて、正直笑ってしまって、こんな歌がエレカシにあるのか!と思い本家エレカシの珍奇男を聞いたらめちゃくちゃかっこよくてびっくりした。宮本さんの作る歌は、たまにどうやって思いついたんだろうと不思議な時があるけど、エレカシでその曲を演奏してるとこを見ると納得するし猛烈に感動してしまう。


昨日でももちが引退。曲も知らないし、特別好きってわけとは違うけど、ももちはやっぱり好きなので、ツイッターで見てたら何か急に寂しくなった。ももちプロすぎるし、どの写真も可愛かった。


今日はエレカシ愛媛、松山公演。一昨日は雨と雷がひどくて寝不足。昨日は9時に寝たら4時に起きて今眠い。松山公演に松山公演以外のご当地Tシャツを着て行くか悩んでいる。地元のご当地Tシャツを着たいけど、どうしようかなー。直前まで悩もう。愛媛のご当地エレカシTは色が可愛くていい。すごい可愛いじゃないか、オレンジ色。松山公演あとは立見席だけらしくて、すっごく嬉しい。私がチケット買ったときは◯印だったので。立見席もガンガン売れてほしいなー。今日は初めての二階席、初めてエレカシを見下ろす、恐れ多い。

エレカシ鳥栖公演へ行く

先週、人生二度目のエレファントカシマシライブに鳥栖へ行った。

新幹線さくらに乗れて嬉しい。

新鳥栖駅を降りると、のどかな景色が広がっていてなごむ。鳥栖はとにかくお店の看板の書体がかわいかった。どこかで昔鳥栖はレトロだと聞いてたけど納得。あと理髪店が異常に多い。

会場の近くの村岡総本店という和菓子屋さんが無料で氷あずきを振舞ってたので、お土産のお菓子を買って氷あずきを頂く。あずきが本当にめちゃめちゃうまかった!次の日も食べたくなってまたお菓子を買いに行った。


3時のグッズ販売まで暇なので近くの公園でぼーっとする。隣の体育館で何かやってるみたいで、小学生がたまにチラチラみえる。みんな黒い。


会場のスタンプは今回から集印帳を買ったのでそっちに押す。集印帳へは初めてだから失敗したくないけど、ハンコほど失敗をまざまざと見せつけられるものはないと思う。

f:id:piyoyoyo:20170611151905j:plain


おっきいハンコの方、インクをまんべんなく押せてないこと、押した後にインクが隣のページに映らないようにする紙を持ってなかったこと、の2点が反省点。しょうがないので紙の代わりに湿布を挟みました。次こそは!


前回よりも近くの席で、ステージのみんなの表情も見える位置。近くで見たみんなは渋くてかっこよかった。ミヤジの表情が本当に凄くて、目をひん剥くとことか、眉毛と目をぎゅーっとして歌うとかかっこいい。必死で生きてる人の顔は本当にかっこいい。後半のロックな曲の時の楽器を弾くみんながめちゃくちゃかっこよかった。当たり前だけどこの人たちが今この音出してるんだ!と思うとぷるぷるした。


以下思い出箇条書き

・ミヤジがトミの背中にぴょんとおんぶされに行ったのがかわいかった。その瞬間のトミの顔にも癒された。トミの笑顔見れると嬉しい。ミヤジはアンコール後の去り際、にこ〜っとしながら消えていった。ああ、この顔、写真でメンバーといるときに見たやつだー、と思って嬉しくなる。


・男性のお客さんが「もうすぐ誕生日ですね〜」って言ったら「誕生日が近くなると調子がいい。だから今日は調子がいいんです!」みたいなことを言ってて、なんかもう愛くるしい。かわいい51歳、くるしい。


みんなのうたの話はしたのに新曲やるのすっとばした。


・何かのタイミングでミヤジがエレカシ4人のことを「真ん中に寄ってるおじさんたちが」と言ってた。知らない人にも丁寧。


・ミヤジ本気で細い



2回目のエレカシ、本当にめちゃめちゃ楽しかった。

初めてのときは楽しいよりも、あんまりにもかっこよくて圧倒されたって感情が強かった。会場も本当に近所だったし、ふらーっと軽い気持ちで行ったので、個人的反省点はミヤジ以外認識不足、曲の聴き不足。でも準備不足がゆえにライブがすごすぎてハマった感もあるから全然準備不足で行っても問題なしだと思うけど。(なのでお近くにエレカシが来る方は、迷ったら行ったらいいと思います)曲がわかるとやっぱり楽しかったし、そしてミヤジの声のすごさがますますわかる。

エレカシのライブは何回公演行ってもきっと新鮮に楽しめるな、と感じ安心した鳥栖公演でした。


あと鳥栖をじっくり歩けたことも楽しかった。エレカシ鳥栖に来てる、と佐賀に住んでた友人に言うと「鳥栖に行ってくれるとかエレカシは親切」と返事がきた。また他県から来たであろうエレカシファンの方が「鳥栖がいいとこって知らなかった。」と言っていて、同意。その方は「今度エレカシ島原にも来てくれるけど、他県の人に島原がいいとこって分かってもらえる機会で嬉しい」とも言ってて、私、島原行きますよ、心の中で思った。


9月以降もチケット取って行ったことない県に行きたいなー。そしてこんな毎週エレカシがライブしているという楽しい日々にもいつか終わりが来ると思うと、それだけですでにさみしくて2018年はどうなるのか。まだ6月なのに。

明日はAスタジオと地方で1日遅れの雑誌MUSICAがあって幸せが急に押し寄せてきて浅野温子の、怖い、怖いの、状態。





「本当は〇〇したかった」のない一年に。

今年は貯金とか気にせずやりたいことをやろう、と一月に決めたので本当にそうしてたら、通帳を記帳して今年は本当に全っ然貯金できてなくて肝が冷えた。大丈夫だろうか。

私が今年はやりたいことをやろうと思ったのは、雨宮まみさんの40歳がくる!というweb連載を読んだからで、その中の「欲望に溺れる」という回でこう書いてあったからだ。

一生に一度でいい、ワンシーズンだけでもいい、私は私の欲望に、言い訳をしない一年が欲しかった。「本当はあれが欲しかったけど」とか、「本当はあれを書きたかったけど」とか、そういう「本当は」の一切ない世界を生きてみたかった。本当に着たい服を着て、本当に持ちたいバッグを持って、本当に行きたいところに行って、後先なんか考えないで、ただ、今、自分が楽しいこと、夢中になれること、それだけにまっすぐ打ち込むような、あとから考えたら無駄かもしれないようなことでも、今したければそれをする一年を過ごしてみたかった。
(引用:40歳がくる雨宮まみ


「本当は」って言葉、私はよく使ってるなーと、この記事を読んで思った。本当は行きたかったけどお金ないし、とか。本当はやってみたかったけど、私なんかがやっても、てかやる意味ってあるのか、とか。そうしてたらあっという間に年だけとってた。このまま来年も職場と家の往復の毎日かー、と思うともう虚無感がすごかった。周りの友達は結婚して赤ちゃんできたりして、クレジットカードなんかも普通に使ってたり、知らない間に大人になっていたけど、私はずっと小学生の頃と変わっていない。テレビを見るのが1番の楽しみで、頭の中でいつも誰かと会話して過ごしてぬくぬく寝る。それはそれで個人的には楽しいし安心安全なんだけども、何だかこのままでは何だかなーだし。
それなら1年くらいなら貯金できなくてもやりたかったことをやろうと思った。
やりたかった英会話教室に通い始めてみた。そしたら英語うんぬんよりも笑顔で目を見て話すって思ったより大事だなーとか、こういう習い事みたいな場面では、遠慮せず照れずにやる方がいいんだなーと感じた。
あと、どうしても行きたいライブは県外でも行く、ちょっと興味があるライブは交通費がかからないなら行くことにした。その結果気軽に行ったエレカシのライブが、とんでもなく最高だったので、本当に行ってよかったと思う。エレカシにハマってからの最近は、たまーに湧いてきてた「このまま一生ご飯食べるために働いていく生活が続くのか、生きるのって大変。つらい。」のやつが減った。好きなものが増えるのはやっぱり楽しい。

私にとっては、こんなにガバッと財布の紐が緩んだことは人生で初めてで、習い事をしたりなんて大きな変化である。髪型も7年ぶりくらいに変えてみた。ライブとかはまあ前からいろんな人のライブによく行ってたけど、福岡東京とかのもんだ。しかし今年は、急にハマったエレカシが全国行脚で頑張ってるから、こっちも予想もしなかった町に行くことになっている。

やる意味とか行く意味とか、そういうのはとりあえず後回しにしているので、何年後かの私がどう思うかはわからないけど、とりあえず今のところ楽しいのでよしとします。でもまさか本当に貯金できてないとは!

雨宮まみさんの40歳がくる!はどれも本当に素晴らしい連載だったので、薄くてもいいから書籍化してほしい。かなり難しいかもだけど。






いよいよみんなのうた

待ちに待った6月。みんなのうたの6月。

宮本浩次少年の「はじめての僕デス」はオリジナル本命盤がまさに宮本浩次で素晴らしいので放送版ではちょっと物足りなくなりつつ。なりつつも、結局また聴きたくて何回も見てしまう。ケッコウケッコウのとこすごく好き。アニメの足の太さもめちゃくちゃ可愛い。オリジナル本命盤の方は「よろしくたのみますっ」の語尾の色っぽさが恐ろしい。色気のある人って結局10歳でも色気があるんだな。きつく抱きしめたいほど可愛い歌い方。この頃から宮本浩次節がすでにあるってことは、生まれつきの表現力なんでしょうか。宮本さんのお母様にお聞きしたいです。本当に不思議。才能って言葉はあまり使いたくないけど、それなのかな。しかし宮本少年が歌が好きで本当によかった。


仕事から帰って録画した「風と共に」を見る。らららら〜、からそわそわどきどきする。感想は、率直に素晴らしかった。ほんとにほんとに、すごかった。やさしいけど力強い、季節的にも今聴きたいうたでした。


エレカシの歌はなんだってあんなにこう

伝わってくるんだろう。やさしい感じで始まったけど、風よー、でぶわっときて、チケットなんかいらないー、で裏声で、また最後はやさしく終わって。

宮本さんが「私」って一人称で歌うので、漠然とすごく届きやすかった。私のうただし、テレビの前の一人一人のうただし、よって、みんなのうたなんだな、と感じました。冒頭の「みんなのうたです」のナレーションが「これはみんなの、あなたのうたですよ」という意味合いに聞こえる。


そして歌と加藤久仁生のアニメがよく合っている。じーんときちゃう。風を見事に感じるアニメだったし、最後の女の子が髪を結って、上着脱いで玄関を出て行くところが晴れやか。



6月と7月はエレカシに会えるからいいんだけど、8月から10月まではエレカシの予定がないのでソワソワしている。耐えられるのか、私。9月も10月も行きたいなー。遠くてもチケット取れればどっか行くかなー。もうお金は今年エレカシに散財していいので、移動を楽チンにしたい。長旅に耐えらる体力が、今の私にはない。ここ数年でほんとに体に衰えを感じる。エレカシのみんなはよくこれだけ移動やってんなー、置いてかれないように体力つけるぞー。






0655サンドウィッチマンとエレカシの話

ウルフルズがゲストの関ジャムを見逃したし、佐野元春のニューヨークも見逃したし散々。
けど朝から0655の新曲がサンドウィッチマンが歌っていてとてもいい気分。「上野動物園準備中」とてもいい曲。ほとんど伊達ちゃんが歌っているから、あれ?トミーは?と思ったら低音のズズズズー♩みたいなのでトミーを発見。伊達ちゃんは単独ライブでも歌声を発揮してるけど、歌い方の使い分けがうまいなー。去年の萬みきおの歌、大好きで、客席まで降りてきて爽快に歌う伊達ちゃんと、呆れるトミーが印象的だった。サンドの単独は長くて自由で本当に毎年楽しみな恒例行事。

エレカシの「東京からまんまで宇宙」のPVがかっこよすぎて、2回目を見るのをためらっている。マイクに口をつけて歌う宮本さんの色気が凄い。泥沼にハマりそうなほど、かっこよかった。かっこよすぎて、体中が、ぐおーーってなる。とりあえず「宮本浩次 カワウソ」で検索して落ち着く。カワウソ顔といえばオードリー若林だけど、宮本さんのカワウソ度もかなり高い。口元のカワウソ度は若林より高めと思う。宮本さんはカワウソ、宮本さんはカワウソと唱えることで何とかこれ以上好きにならないように頑張る。カワウソもかわいいけど。
いろいろと検索してたら、「成ちゃん6時間動かない」って発言を見て、そのあとのトミさんの「僕は比較的動きます」のニコっが素敵だった。何とかわいい人たち。

録画してたMステ3時間スペシャルの最後の方が残ってたから見返したら、エンディング、1番後ろにエレカシが。宮本さん、端の壁の向こう側で所在なさそうにしている。どっか向いたり唇いじったりして常に動いている。他の3人はじっと動かない。おもしろい人たち。

f:id:piyoyoyo:20170529083454j:plain



5月からエレカシで散財中。チケット代や移動費などなど。グッズも追加で買おうと思ってるけど、エレカシは自分の将来にとって、浪費と投資どっちだろう。どっちでもいいし、どっちもだから買う。昔っからひとつ好きになったらそればっかりになるのが楽しい反面しんどい、でも楽しい。毎回思うけど、何かにハマったとき、タイムマシンで小学生の自分にお願いしに行きたくなる。「20年後の私だけど、今エレカシにハマってるから、雑誌とかCDとか毎回ちゃんと買っといてくれる?ライブも行きな、頼むよ」と言っておきたい。ただそうなってくると、これまでもいろんな芸能人にハマっているので、小学生の私は未来の私を、ずいぶんうざいと思うだろう。










Mステの話

子どもの頃の娯楽体験の楽しさは、新鮮で強烈で、大人になってから新鮮で強烈に楽しかったことってなかなか思いつかない。スーファミの「スーパードンキーコング」を初めてやったときのあの楽しさを考えてふと思う。でも今スーパードンキーコングをやってもあの頃の感動は味わえないだろうな。そのことを職場の人と話したら、ファミコンの方のドンキーコングはカクカクだよと教えられる。画像検索したら本当にカクカク。しかもマリオの敵っぽい出で立ちでびっくり。


エレカシ福岡が当選してたのでホッとする。しかし席が後ろの後ろ。ちょっとがっかりするけど、チケット代を支払いしたコンビニの店員の男の子が、おにぎりみたいで、ずっとにこにこしてたので可愛かった。



Mステに亀と山Pが出てる。自分には全然思い入れのないドラマ「野ブタをプロデュース」の主題歌「青春アミーゴ」を歌う。木皿泉作品だけど見てません、見たいけど何かあれだけはずーっと見てない。初めての木皿泉作品は「セクシーボイスアンドロボ」で大好きだったな。エンディングのモノローグとかガラケーで音だけ録音したりしてた。

青春アミーゴはさすがに見すぎて振りもわかる。クラスの女子が踊ってたなー。昔の映像の亀梨くんは痩せてて精神的にも尖ってる感じがいい。若者はこうでなくちゃ。今の亀梨くんは昔に比べると丸くなってかわいさが増していて、それも大変よい。こうして歌って踊って楽しそうで何よりです、笑顔で手を振ってて大変かわいい。Mトピに中丸くん出ててワイプでのKAT-TUN共演に感動。KAT-TUNはやっぱり曲が好きなんで、新しいとこだとカップリングの「JET」とか。KAT-TUN、本当に陰ながら下の方から応援してます。


エビ中のパフォーマンスには思わずうるっときた。そして歌が上手いことにびっくり。特徴的な声の子が多くて、まあるい声の子、特に耳心地がよかったです。この前の休みに山里亮太の140に行ったけど、同じ会場の大ホールで、エビ中がコンサートしてた。そっちも見たかったな。カラフルなエビ中のファンが、こっちの中ホールに間違えまくってたのが思い出深い。

Dragon Ashも出てたけど、アルピーのラジオの影響で何か笑ってしまう。ローリーがいる、と思ったらみんなもローリーローリー言ってたから、あれは本当にローリーでは?Dragon Ashはlife goes onのイメージ。エビ中ポーズをめっちゃやってていい人感ある。

昨日のMステはいろいろ面白くて満足。